Excelで年月日データから年度を求める方法

 IT外部情報  コメントは受け付けていません。
10月 152017
 

Excelで年月日データから年度を求める方法

A列のA1から下に年月日データがある場合、以下の式をB1に記入して、下にドラッグコピー。
=IF(AND(A1>=DATE(YEAR(A1),1,1),A1<=DATE(YEAR(A1),3,31)),YEAR(A1)-1,YEAR(A1))

Excelで年から干支(十二支)を求める方法

 IT外部情報  コメントは受け付けていません。
10月 012017
 

Excelで年から干支(十二支)を求める方法

A1セルに年、B1セルに以下の式を記入。
=CHOOSE(MOD(A1-1900,12)+1,”子”,”丑”,”寅”,”卯”,”辰”,”巳”,”午”,”未”,”申”,”酉”,”戌”,”亥”)
例:A1セルに2017と記入した場合、B1セルに酉と表示される。

Microsoft Office 2007 を使っている人は注意

 IT外部情報  コメントは受け付けていません。
9月 152017
 

Microsoft Office 2007延長サポート終了日は、2017年10月10日です。

サポート期間終了後は、セキュリティ更新プログラム等すべてのサポートが受けられなくなります。
延長サポート終了後も利用し続けることは、セキュリティ上、非常に危険な状態になります。
https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2007/end-of-support/office.aspx

ExcelでW年X月第YZ曜日の年月日を求める方法

 IT外部情報  コメントは受け付けていません。
9月 012017
 

ExcelでW年X月第YZ曜日の年月日を求める方法

A1,B1,C1,D1の各セルに、年,月,第何,何曜日を記入し、以下の式をE1に記入。
=TEXT(DATE(A1,B1,1)-1-WEEKDAY(DATE(A1,B1,1)-1-FIND(LEFT(D1),”火水木金土日月”),3)+C1*7,”yyyy/mm/dd(aaa)”)
例:A1,B1,C1,D1セルに、2017,7,3,水(2017年7月の第3水曜日)と記入した場合、E1セルに2017/07/19(水)と表示される。

8月 152017
 

Excelで誕生日から年齢(X歳Yヶ月Z日)を求める方法

A1セルに誕生日、B1セルに年齢計算日を記入し、以下の式をC1セルに記入。
=DATEDIF(A1,B1,”y”)&”歳”&DATEDIF(A1,B1,”ym”)&”ヶ月”&DATEDIF(A1,B1,”md”)&”日”
例:A1セルに2000/8/15、B1セルに2001/12/14と記入した場合、C1セルに1歳3ヶ月29日と表示される。

8月 012017
 

デスクトップ画面の右下に時刻と日付と曜日を表示する方法(動画で見る

1.「画面左下のスタート(田アイコン)→設定(歯車アイコン)→時刻と言語」をクリック
2.「日付、時刻、地域の追加設定」をクリック
3.「日付、時刻、または数値の形式の変更」をクリック
4.「追加の設定(D)」をクリック
5.「日付」のタブをクリック
6.「データ形式」の中の「短い形式(S):」の右の欄に「yyyy/MM/dd dddd」と入力する
7.「データ形式」の中の「長い形式(L):」の右の欄に「yyyy’年’MM’月’dd’日 ‘dddd」と入力する
8.「適用」をクリック
9.「OK」をクリック

パソコンの遠隔操作方法

 IT外部情報  コメントは受け付けていません。
7月 152017
 

パソコンの遠隔操作方法

1.遠隔操作する人(ヘルパー)も遠隔操作される人もWindows 10の場合

1-1.遠隔操作する人(ヘルパー)の操作
スタート→Windowsアクセサリ→クイックアシスト→支援を提供する→サインイン欄に遠隔操作する人(ヘルパー)のMicrosoftアカウント(メールアドレス)を入力→次へ→メールアドレスのパスワードを入力→サインイン→10分以内に6桁のセキュリティコードを遠隔操作される人に教える

1-2.遠隔操作される人の操作
スタート→Windowsアクセサリ→クイックアシスト→支援を受ける→教えてもらった6桁のセキュリティコードを入力→送信→許可

2.遠隔操作される人がWindows 7、Windows 8、Windows 8.1の場合

2-1.キーボード左下の 田(Windowsキー) を押したまま、キーボードの R を押して、現れた[ファイル名を指定して実行]という画面の名前欄に msra と入力して[OK]をクリックします。

2-2.[信頼するヘルパーを招待します]をクリックします。

2-3.[この招待をファイルに保存する]をクリックします。保存先として[デスクトップ]を選んで[保存]をクリックします。

【注意】[この招待をファイルに保存する]が現れずに[このコンピューターは、招待を送信するようにセットアップされていません]という表示が現れた場合は[修復]をクリックして[これらの修復方法を管理者として実行する]をクリックし[トラブルシューティングが完了しました]という表示が現れたら[閉じる]をクリックし、もう一度、最初の2-1.項から実施します。

2-4.[ヘルパーに招待ファイルを送信してパスワードを教える]と記載された画面が表示されるので、そこに記載されたパスワードを遠隔操作する人(ヘルパー)に電子メールで伝えます。

2-5.デスクトップに保存された[招待.msrcIncident]というファイルを右クリックして、[送る]をクリックしてから[メール受信者]をクリックして、表示された電子メール送信画面の[宛先:]の欄に遠隔操作する人(ヘルパー)のメールアドレスを入力して[送信]をクリックします。

2-6.遠隔操作する人(ヘルパー)が、受信したメールに添付された[招待.msrcIncident]というファイルをクリックし、伝えられたパスワードを入力して遠隔操作の申請を行うと、貴方のパソコン画面閲覧の許可を求める画面が現れ、貴方がパソコンの画面閲覧を許可([はい]をクリック)すれば、遠隔操作する人(ヘルパー)のパソコンから貴方のパソコン画面を閲覧できるようになります。

2-7.遠隔操作する人(ヘルパー)が、リモートアシスタンス画面の左上の[制御]をクリックすると、デスクトップの制御共有の許可を求める画面が貴方のパソコン画面に現れ、貴方がデスクトップの制御共有を許可([はい]をクリック)すれば、遠隔操作する人(ヘルパー)は自分のパソコンから貴方のパソコンを遠隔操作できるようになります。(なお、どちらのパソコンが遠隔操作の画面を閉じても遠隔操作は中止されます。)

Windows 10 のユーザーアカウント

 IT外部情報  コメントは受け付けていません。
6月 012017
 

Windows 10 のユーザーアカウントには、「Microsoftアカウント」と「ローカルアカウント」の2種類があります。

ユーザーアカウントを確認するには、キーボードの「Windows」キーと「I」キーを押し、「アカウント」をクリックします。

アカウント名の下にメールアドレスが表示されている場合は、Microsoftアカウントです。

アカウント名の下にメールアドレスが表示されない場合は、ローカルアカウントです。

Windows 10 では、コンピューターに登録したローカル アカウント(ユーザー名やパスワードなど、個人を識別するための情報)を使った従来のログオン方法と、Microsoftアカウントを使ったログオン方法があります。Microsoftアカウントは、Windowsサービスへのサインインも兼ねています。

ローカル アカウントは PC に登録しますが、Windowsサービスとも、メールアドレスとも関係がありません。

Microsoft アカウントも PC に登録しますが、ユーザー名とパスワードは PC 上ではない、Windowsの外部サービスに登録します。これにより、Windows の設定情報のいくつかを、外部に保管できます。設定をオンラインで同期して、複数の PC で同じ使い心地を実現できます。

同期できる設定項目は、キーボードの「Windows」キーと「I」キーを押し、「アカウント」をクリックして表示される「設定の同期」で制御します。